あさい正仁 百の主張より一つの行動

あさいブログ

2015/03/02

本会議質問  防犯カメラについて

・防犯カメラの維持管理について

つまようじを食品に混入する動画をネットにアップしながら、東京から西へと逃亡していた少年が逮捕される事件が、先日ありました。逮捕のきっかけは、駅やコンビニに設置されていた防犯カメラの映像による、足取りの追跡調査の結果でした。防犯カメラは、地域の安心・安全を見守る強力なツールであり、昨今の地域のつながりが希薄化しているなか、名古屋市でも平成25年から、地域団体が設置する防犯カメラに対し、設置助成が行われています。
その結果、今では400台のカメラが、まちの安心安全を見守る役割を果たしていますが、高いものだと維持管理費が1台あたり、年間1万3千円程度かかるため、とても地域では、これ以上のカメラは維持できないという切実な声もあります。そこで、このままでは、ランニング費用がネックになって、防犯カメラの設置が、これ以上進まなくなるのではないかと危惧したため、防犯カメラの維持管理で、行政から何らかの支援ができないものか、市民経済局に質問をしました。

●当局から
街頭犯罪を抑止するため、設置にされている地域団体の防犯カメラについては、安心・安全・快適まちづくり活動補助金による助成を活用することなどにより、防犯カメラの安定的な運用を支援できるよう検討していくとの答弁がありました。

●質問を終えて
ランニングコストについても支援するとのことで、当局の思いが確認でき、心強く感じました。私の地元の一柳商店街でも、設置されていた防犯カメラの映像が元で、事件の犯人が捕まった事例があり、警視庁からお礼の電話がありました。
このように、防犯カメラは、安全なまちづくりに効果をあげており、イニシャルコストだけでなくランニングコストにも配慮することで、地域の安全確保の強力なツールとして活用されていくよう、今後とも行政が地域をしっかりとサポートしていくよう要望しておきました。

カレンダー

2017年3月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

あさいブログ

後援会及びサポーターズクラブのご案内

無料教育相談

名古屋市公式ウェブサイト

facebook