あさい正仁 百の主張より一つの行動

あさいブログ

2011/10/26

地震防災講演会(2)

防波堤の効果は、釜石市の湾口防波堤見るも無残に破壊したが、そのおかげで津波の力を、4割軽減させた。

防潮壁は、津波の到達を6分遅らせたそうだ。  

1964年伊勢湾台風の教訓のもと、高潮防波堤が(鍋田堤、中央堤、知多堤)造られましたが、

経年の間に2m自然沈下している場所も有りなおかつ3連動地震が起きた場合、液状化によりさらに沈下することは確実である。

一刻も早く高潮だけではなく津波に対応できる防波堤を造る事が急務であると思う。

それも現在の3連動地震の予想はM8.7であるが、この時の太平洋沿岸の津波の高さは、5~10mのになると言われすが

現在は3連動は、M9ではないかとも言われ始めている。その時の津波の高さは3倍になると言われています。

その為、防波堤、防ちょう壁めんをハード面をしっかりすることが大事である。

 

 

カレンダー

2017年5月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

あさいブログ

後援会及びサポーターズクラブのご案内

無料教育相談

名古屋市公式ウェブサイト

facebook