あさい正仁 百の主張より一つの行動

あさいブログ

2011/06/07

図書館の指定管理者制度

5月30日に行なわれた、教育子供委員会で支所の図書館の、指定管理者制度の導入について話し合われた。指定管理者にすると、4百万から5百万の経費節減になるとの事、それはすばらし事だが市民の皆さんは、民間になったらサービスの低下にならないかと、問い合わせが私の所にも寄せられた。
役所は、今以上のサービスを提供する為に行なうとの事。
委員会の中で、私が述べさしていただいた事は、6ヶ所仮に全部違った業者が申し込みがあった場合、6ヶ所が全く違ったサービス行なうわけで、「例えば一カ所では時間外に返却OK 、返却場所も支所だけではなく他の場所でも返却OK でも、もう一方は、今までのサービスしが無い」とした時誰だって沢山のサービスを、受けられる方が良いに決まっている。税金を使うならば、サービスは、市民平等でなくてはならない、格差をうんではいけない」と述べさせて頂きました。委員の中からも色んな意見が出され、その結果6月議会では見送り図書委員会で、再検討いたしますとのことでした。

指定管理者制度は、時代の流れだとは思いますが、いろいろな人が、指定管理者になって、少し心がなくなったのではないかと言うご意見を、お聞きする。

カレンダー

2017年3月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

あさいブログ

後援会及びサポーターズクラブのご案内

無料教育相談

名古屋市公式ウェブサイト

facebook