あさい正仁 百の主張より一つの行動

あさいブログ

2013/02/13

名西配水場予定地

平成元年に配水場予定地として名古屋市上下水道局は中川区水里5丁目に18.999㎡簿価で3億4千4百万で土地を購入いたしました。
当時の目的は、配水不良対策、水需要の増加対策、南西部応急給水拠点等の為購入されました。
現在はH9年に 応急給水センター 2.953㎡は整備されました。

そして375㎡は、行政財産の目的外使用として駐車場として有償貸付を行っています。
しかし残りの約16.000㎡については、フェンスに囲まれたきれいな芝がひきつめられた公園のような土地になっています。

近隣の方々から何もされてない土地は有効活用すべきだとお話が届きました。全くその通りのお話だと思います。しかしながら現在災害時における他都市からの応援部隊の宿営地として位置ずけています。
では、この土地が今後どんな計画なのか、配水不良対策は技術の向上で対応できるようになりましたが、今後の富田・南陽地区の人口増や、国道302号線の共同溝への水道幹線の入溝時期などを考えながら有効活用する予定です。
現状では平成40年代に配水場の建設開始を予定の為、今から15~20年の間空き地というわけにもいけませんので、下水道局は、H26年に有償貸付を行います。しかしながらもう24年の月日が経っています。もっと早く貸付をしていたらどれだけの収益が上ったのか、地域の方々に開放していればどれだけ活用されたのかこの年月がもったいない気が致します。

カレンダー

2017年11月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

あさいブログ

後援会及びサポーターズクラブのご案内

無料教育相談

名古屋市公式ウェブサイト

facebook